虹を歩きはじめて てっぺん座って 島を眺めるのもいいね
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
06:53:47
tm1205123.jpg
先週金曜日、奄美海洋展示館で
奄美海洋生物研究会主催による
第1回奄美大島ウミガメミーティングが行われました☆
奄美の海洋生物といえば、奄美大島☆撮影日記のおきさんと、
海洋専門学校同期の奄美の自然と文化+αの水野くん
ウミガメの研究調査を10年くらいですかね。行ってきたカメ君。
まずは、ウミガメの種類と生態について講義


tm1205122.jpg
そして、奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島の上陸産卵地点が、産卵地99地点あるなかで79地点が未調査ということで、情報交換や情報のネットワークなどの必要性など
様々な職種の方が来られていて、楽しかったです♪


tm120512.jpg
講義後、大浜海岸で数日前に産卵したという場所を観察
個人的に産卵の記録をとっている方もいらっしゃって、貴重なお話も聞けました♪


tm1205121.jpg
大浜は、夕日の美しい場所です♪


2005年の12月11日にカケロマ島の徳浜で孵化したウミガメの赤ちゃんを観察することができたの思い出しました☆季節外れの貴重な体験でしたね~♪

う~ん、記録って大事♪


海と陸を行き来するカメさん
ambtm111030.jpg
ウミガメは、“海の案内人”の意味をもつとされる
と、どこかの国のページで紹介されていたなぁ
いい響きであ~る♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kakeromaocean.blog123.fc2.com/tb.php/590-6b044c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

トモチャン

Author:トモチャン
奄美大島で出産子育て中のトモチャンが奄美での生活を紹介します。都会で育ったのに根っからの漁師肌のパPは、一本釣り、ジギング、素潜り漁師。“つくる”楽しさが一番の喜び。ぶきっちょなトモちゃんですが、カメラと愛娘を両手にもち、子供の成長、漁師の横顔、奄美の自然を紹介していきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
お気軽にメールください
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる